--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-04

ラジアントヒストリア

アトラスのRPG、ラジアントヒストリアですよー

レビューサイトでの評価は高いのに、売上自体は
そんなに伸びなかったゲーム。

割と純正のRPGで、特徴はグリッドバトルという
相手が4×3のマス眼に配置されていて、
進め方次第・戦略によって一気に倒せたりする。
例えば、空きマスにトラップ魔法を設置して、
そこにグリッドを移動させる技や魔法で踏ませれば、
複数匹を一網打尽にできたりする。

アトラスらしく、RPGとしてのバランスがよく
そこそこ頭を使って、レベルもあげて、システムやアイテムを
駆使して初めてちゃんと遊べる感じ。

ストーリーは、10年後には世界が砂漠化し滅びる歴史が舞台。
主人公は白示録という本をもらい、歴史を正しく導く能力を得る。
それはいわゆる「やり直し」が出来るということで、
重要な選択を失敗したときにその場面に戻る力。
また、世界は同時に二つの平行世界があり、その行き来も可能にする。
二つはお互いが影響し合い、片方で助けた事実が、
もうひとつの世界に影響を及ぼしたりする。

そんなこんなで二つの世界を行き来したり、過去に戻って
違う提案をしてみたり、あくせく動くことで正しい歴史が動く。
また主人公ストックが辿る道、出会いが
ストック自身の選択に大きく影響していく。

ストーリーのテンポも内容も悪くなく、ダンジョンも後半は
ステルス能力のおかげで戦いたくないときは全スルー可
レベルを上げたい時にレベルをあげ、それ以外は
ストーリーに重点を置いていける。

うむ、これはかなり良作ですぞ…!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。